AVレシーバーでPCの音質が強化

ノイズのバーゲンセールと言っても過言ではないPCをオーディオスピーカーのメインに使う事について、文句のある方もいらっしゃることでしょう。
が、パソコンしかない環境でその音にこだわるのは当然の話です。

というわけでこれまではサウンドカードを搭載し、その端子にそれぞれPC用スピーカーを繋いでサラウンド環境にしていたわけですが、配線の煩雑さに嫌気がさしたので新たにAVレシーバーを導入する事にしました。
まあスピーカー7つ+サブウーファーだと、スピーカーケーブルだけでもそれなりにゴチャゴチャするため思ったよりスッキリはしませんでしたが、そんな事より音質です。

サウンドカードのサラウンドにも感動したものですが、今回はそれをはるかに凌駕する音のクリアさとサラウンドの没入感に驚きを禁じえません。
最近のオーディオってこんな事になっていたんですね。
まあ5.1.2chのフロントハイトスピーカーの効果は、環境のせいか取り付け方が悪いのか微妙に分かりにくいですが。