ネットプレーヤのメリット

音楽が好きな私は音響システムとしてレベルの高いバランスを実現を目指し、いろいろと調べています。

ネットプレーヤのメリット
(1)基本接続構成
まず ネットオーディオの基本接続構成を 理解すれば簡単です。必要な品は以下です。
・Win7PC > LAN > ネットプレーヤ > アンプ > SP
または
・Win7PC > LAN > ネットプレーヤ > デジタル出力 > DAC > アンプ > SP

なおNASは無くでもOKです。私もNASは使っていません。

今 デジタル入力DACをお持ちですと、今のお好みの音質傾向で演奏できます。なお、SACDプレーヤより、ネットプレーヤのほうが、私の実験では若干ですが、音質が上でした。振動回転が原理的に発生しませんから。

(2)お安い
ネットプレーヤは価格がお徳です。今日現在でお勧めは パイオニオN-30/50 しか無いといって良いです。アマゾン通販で ¥ 28,400円(N-30)です。

しかも、これを購入すれば CDレンタルしてPCにダビングすれば良いので、投資約3万円はすぐ回収できます。

(3)ハイレゾ音源
現実、最も簡単にハイレゾ音源を楽しむ事ができる方法です。なお DSD音源だとUSB-DAC購入になります。SACDソフト購入は4500円位しますが、ハイレゾ音源ネット購入だと 3000円以下の価格設定が多いです。あと、入手しにくい貴重な音源を簡単に入手できる場合があります。

(4)操作性
実は私がネットプレーヤ購入した、一番のメリットは「操作性」です。埋もれてしまったCD500枚、
PC-itunesなら 瞬時にCD500枚を検索して、演奏できます。CD物理検索ではまず不可能です。ただし 全CDをPCダビングする作業は1ケ月かかりました。ここは、その人の好みと思います。まずは「ハイレゾ音源」「レンタルCD」から始めれば良いと思います。

(5)AirPlay
あと、N-30/50にある、AirPlay対応が気に入ってます。PC-itunesで演奏できるだけでなく、iPadやiphoneからも演奏できます。ようは「iphone音楽がイヤホンで聞くのでなく、家のJBLから再生」できます。「ベッドサイドで寝ながらiPadで演奏」というスタイルがうちでは定着しています。ほんと便利です。

(6)「機能品質コスト」のバランス
結論をいいますと、ネットオーディオは 幅広く「機能品質コスト」のバランスが良いです。

・ハイレゾ音源 ・設定が簡単 ・お値段そこそこ ・レンタルCDダビングのソフトの価格
・itunesの操作性(大量ソフト検索)・iPad/iPhone/iPodでの音楽再生、リモコン
・WinMPリモート再生やUSBメモリー再生 + DAC接続だと、若干 CD音源の音質が向上
・インタネットラジオ(JAZZ専門CHだけでも、数十局あります。FMラジオよりずっと音が良いです)

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|お家の見直ししま専科|JALカード|クレジットカードの即日発行じゃけん|お小遣いNET|AGAでお悩み解決|美容と健康女性ランキング|女性のための薄毛治療研究会